Tag Archives: ワシントン条約

サメの取引規制、国連機関が支持

 アメリカや欧州連合(EU)などが「フカヒレ目当ての乱獲が原因で個体数が減少している」として、アカシュモクザメなど3種類のシュモクザメ、ヨゴレ、ニシネズミザメについて規制対象とするよう提案したことを受けて妥当性を検討していた国連食糧農業機関(FAO)の専門委員会は、9日までに絶滅の恐れがある野生生物の国際取引を規制するワシントン条約で規制対象とする基準を満たしているとの報告書をまとめたそうです。

 これで決定ではなく、3月にタイのバンコクで開かれる条約締約国会議で3分の2以上の賛成があれば、規制対象とすることが決まります。しかし、同委員会の報告は専門家の評価として重視されると言う事です。

 中国では経済成長に伴い、高級食材のフカヒレ消費量が増えている事が原因の一つと言われており、日本や中国は「科学的根拠が不十分で、取引規制よりも漁業管理が先だ」として反対の姿勢を示しています。

 1月には南太平洋の島国を中心とする「太平洋共同体」の研究グループが、太平洋のサメ類が1995~2010年の間に推定で年率5~17%の割合で急激に減少したとの調査結果を発表しています。こちらも、フカヒレ目当ての乱獲が一因とされています。

 マグロとウナギも乱獲から個体数が減少、ワシントン条約の規制対象になりかけていますが、更にフカヒレも規制対象となるかも知れません。