Category Archives: その他

西城秀樹さん死去

 歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄)さんが16日の午後11時53分に亡くなりました。死因は急性心不全、63歳でした。

 西城さんは広島市出身。高校時代、ジャズ喫茶でバンド演奏をしていたときにスカウトされ上京。1972年に「恋する季節」でデビューしました。翌年「情熱の嵐」がヒット、オリコン週間チャートでベスト10入り、当時野口五郎と郷ひろみの3人で「新御三家」と呼ばれるトップアイドルとなりました。

 その後、「愛の十字架」「ちぎれた愛」「激しい恋」「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」等次々ヒットを連発。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」にレギュラー出演、映画「愛と誠」では主演を務め、俳優としても活躍しました。

 ハスキーな声を活かし、全身で歌うスタイルは「絶唱型」と呼ばれました。1981年には香港でテレビ出演、コンサートも行い大成功。日本人歌手アジア進出の先駆けとなりました。

 しかし、2003年に韓国で脳梗塞を発症。朝に自覚症状があったにもかかわらず、ディナーショーをやり通して帰国後に入院。言葉を正確に発音できない構音障害が残りました。懸命なリハビリを続けていた西城さんでしたが、2011年に脳梗塞が再発、今度は右半身が麻痺しました。

髪は大事だと実感した出来事

 38才、専業主婦です。最初に頭皮の脂っぽさと抜け毛が気になりだしたのは、23才位の頃です。同時に気になり出しました。

 就職したての頃、女性の上司に指摘されました。頭のてっぺんが薄くなってきてるんじゃない?と言われました。普通なら他人に言えないようなことを、ずけずけ言ってくる方でした。

 自分でも抜け毛がひどいなあとかは感じていましたが、改善しようとかは何も考えていななかったのですが、他人に言われ、初めて何とかしなきゃと思いました。確かに鏡で見てみると、てっぺんが薄くなってきていて、恥ずかしくなってきました。

 従兄の奥さんがヘアメイクの仕事をしていたので、髪は詳しいだろうと、電話で相談してみました。「まだ若いし、就職したてで、環境が変わったことや、ストレスでそうなっているのかもしれないから、様子を見たら?」的なことを言われました。

 すぐに改善策を取り入れたかった私は自分で動くしかないと思い、市販のスカルプエッセンス(育毛剤)と馬の毛でできた頭皮をたたくブラシを購入しました。育毛剤もかなりお値段のするものでしたし、頭皮をたたくブラシもゴワゴワしてたたくと痛いくらいで、これらのおかげで血行がよくなったのか、脂っぽさも減り、抜け毛も減っていきました。

 あとは、いつも通っている美容院の美容師さんにも相談してみました。薄くなってきているのはてっぺんなので、そこを目立たなくするブローの仕方を教わり、自分で実践するのは難しかったですが、これでだいぶ人目を気にすることなく、過ごせるようになりました。

 月日は流れ、もうこんなことを悩んでいたなんて忘れた頃、出産をして、産後の抜け毛にはびっくりでした。でもこの頃は、母乳のために、食事に気を使って、過ごしていたせいか、抜け毛もすぐに落ち着き、また薄くなってるんじゃないかと心配でしたが、大丈夫でした。思い返してみると社会人なりたてで、1人暮らしで食事が適当だったから、もしかしたら、あの頃は抜け毛がひどかったんじゃないかなあとも感じています。食事は大事だと改めて実感しました。

 今はコストはかかりますが、美容院で2ヶ月に1回、髪質改善トリートメントを受けています。これで脂や汚れがかなり取れているそうで、そのせいか、抜け毛も脂っぽさも感じずに過ごせています。あとはバランスの取れた食事を心がけています。若い頃の経験で、髪は大事だと思っているので、このままキレイな頭皮、髪質のまま年老いていけたらいいなあと思います。

 抜け毛 頭皮

流行語大賞2015

 その年に流行した言葉を決める「ユーキャン新語・流行語大賞」の2015年流行語大賞が1日に発表され、「トリプルスリー」と「爆買い」が年間大賞に選ばれました。

 トリプルスリーは、プロ野球で同一シーズンで打率3割、ホームラン30本、盗塁30個を同時に記録することを指す言葉で、今年65年ぶりにセントラルリーグとパシフィックリーグで2人同時に達成して話題となりました。

 一方の爆買いは外国人観光客などが一度に大量に購入することを指し、特に中国人観光客の爆買いが連日マスコミに取り上げられました。

 大賞以外のトップテンには、とにかく明るい安村さんがネタの中で全裸のようなポーズを決めたあとにいうフレーズ「安心して下さい、はいてますよ。」やラグビー日本代表の五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」、松岡修造さんの日めくりカレンダーのタイトル「まいにち、修造!」、盗用疑惑で撤回された東京オリンピックの「エンブレム」などが選ばれています。

 一方、ノミネートされながら受賞を逃した主な流行語は、「8.6秒バズーカー(ハチロク)」のリズムネタ「ラッスンゴレライ」、「クマムシ」の歌ネタ「あったかいんだから」、福山雅治さんの結婚したことによる喪失感を表した「福山ロス(ましゃロス)」、芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹さんの小説「火花」などです。

 しかしどうでしょう?、トリプルスリーはプロ野球ファン以外に浸透していたでしょうか?。爆買いも今年生まれた言葉ではなく、数年前から使われており、今更感が拭えません。7人の選考委員だけで最終決定するシステムに無理があるような気がします。特に最近、大賞と民意が大きく乖離しているように見えます。