Monthly Archives: 10月 2012

アメリカ産牛の輸入規制緩和方針を決定

 内閣府の食品安全委員会は22日、現在BSE(牛海綿状脳症)対策で「月齢20か月以下」となっているアメリカ産牛肉の輸入規制を「同30か月以下」と緩和した場合でも「健康影響は無視できる」とする食品健康影響評価を正式決定しました。

 規制が緩和されれば、アメリカ産と同様に現在月齢20か月以下となっているカナダ産牛肉の輸入規制も同30か月以下となるほか、現在は輸入禁止のフランス、オランダ両国産牛肉も同30か月以下の条件に緩和され、年明けに新規制での輸入解禁となる見通しです。

 20ヶ月でも完全とは言えないというのに、30ヶ月に緩和されてしまっては、もう完全にBSE野放し状態です。オーストラリア産やニュージーランド産はBSEの発症例がなく安全なようですが、こうなってしまうと輸入牛肉はとても食べる気になりません。日本でも一部で全頭検査廃止の声が上がっていますが、そうなったら自分はもう二度と牛肉を食べる事は無いでしょう。